Green Hill   写真日記
仙丈ケ岳 (3,033m)  長野県・山梨県

TOP


日  時 平成24年07月22日(日)〜23日(月) 一泊二日
参加者 Odashima ・ Igarashi ・ Yatabe (3名)
企画者 Odashima
交  通 マイカー(Odashima)
 宿 北沢峠にある「長衛荘」(山小屋)

<概 要>

宇都宮市(西川田)を午前8時出発。
ガスもやの「夜叉神バス停」(鳳凰三山登山口)に12時30分到着。
これより先は専用バス以外、車両乗り入れは禁止だ。
13時20分「広河原」行きのバスに乗る。
道幅が狭く、険しい山肌の中腹とトンネルの多い山岳道路を進む。
14時「広河原」(北岳登山口)到着。
ここから更にバスを乗換え「北沢峠」へ。14時50分着く。
山小屋「長衛荘」は「北沢峠バス停」前にあり、山小屋としては立派だ
ここは「甲斐駒ケ岳」や「仙丈ケ岳」への登山口となる。

夕食まで2時間もあり、テラスで休む。消灯は午後8時。
山小屋の夜は、退屈だ。
今回「甲斐駒ケ岳」を目指して出かけてきたが
仙丈ケ岳」は3人共未経験。
22年の「北岳」山頂から望んだ「仙丈ケ岳」の雄姿が浮かぶ。
標高は3,033m、しかも花の季節。魅力の山だ。
ここで計画改定し「仙丈ケ岳」へ登ることに衆議一決。
花の多い「藪沢コース」は通行止めと言う。
深い樹林帯の尾根道を進む「大滝頭」経由コースをとることとし、
午前4時出発とし登山計画を練り直す。

イワカガミ&仙丈ヶ岳山頂
(24.07.23)





南アルプス北部エリアMap

仙丈ヶ岳へ


「北岳」から望む「仙丈ヶ岳」


満点の星空。先発グループのヘッドランプが木々の間から見え隠れする。
昨夜の雨音は夢かと思うほど。
午前4時10分、ヘッドランプを付け「長衛荘」を出発仙丈ヶ岳」登山口へ

ここからはコース進行に沿って映像を記載。



可憐な花々


イワカガミ




BACK

inserted by FC2 system